ギムネマ茶

MENU

ギムネマ茶の血糖値を下げる効果

ギムネマ茶

 

ギムネマの正式名称は「ギムネマ・シルベスタ」といって、南インドから東南アジアにかけて分布する植物です。

 

ギムネマはインドの伝統医療「アーユルヴェーダ」でも2,000年以上前から血糖値の急激な上昇を抑える効果があるとして、主に糖尿病治療やダイエットに使われてきました。

 

ギムネマの効果は、糖分の吸収を抑えて食後血糖値の急激な上昇を抑えてくれることです。

 

そのため糖尿病の予防に現在も使用されています。

 

また、余計な糖質が体内に吸収されにくくなる性質をもっていますので、ダイエットにも最適です。

 

その他、食物繊維が腸内に長くとどまる作用を手伝ってくれることもあって、便秘解消にも効果があるかも知れません。

 

これはギムネマ酸の副作用だと思われますが、ギムネマを取り始めると、腹部膨満感に襲われることがあります。

 

また、体質によっては放屁も増えるかも知れません。

 

多くの場合一ヶ月程度で治まることが多いようですが、これらの作用が収まらない場合は、ギムネマの服用を直ちに中止する様にしましょう。

 

糖尿病治療中の場合は、αグルコシダーゼ阻害剤との併用で、予期せぬ副作用に見舞われる場合もありますので、かかりつけの医師に相談の上摂取してください。

 

ギムネマは錠剤や粉末などサプリメントだけでなく、お茶などの形態でも摂取することができます。

 

ギムネマの効果は、腸からの糖質吸収を抑制することで発揮されますので、食前や食事中にギムネマ茶を飲むことも糖尿病やダイエットには効果的でしょう。

 

臨床試験では50mg程度のギムネマ酸摂取でも効果が得られていますので、こうした配合量も比較した上でギムネマのサプリメントを選んでください。